2月 27

最近、春めいてきましたね。この時期、フキや菜の花などちょっと苦味のあるものだったり無性に食べたくなるものありませんか?春先のこの時期食べたくなるもの、この時期だからこそ作るものが「いちごジャム」なんです。パン好きの私は、カリカリに焼いたトーストにイチゴジャムの組み合わせが好きなんですよね~。市販のものより日持ちはしませんが、なかなか美味しいですよ。

という事で今日は、イチゴジャムを作りました。

<材料>

イチゴ         1パック(約300g)

グラニュー糖     135g(イチゴの重量の45%分)

ホワイトリキュール   小さじ 1.5

レモン汁        小さじ 1

水            100cc

<作り方>

1.イチゴのへたを取る。鍋にイチゴ、水を入れて火にかける。10分程弱火で煮たらグラニュー糖を投入。

2.大きなスプーンを使ってイチゴをつぶす。またアクが出てきたら綺麗に取り除く。

2.20分程煮たら、レモン汁、ホワイトリキュールを入れる。あとは、ややゆるいくらいのとろみが出てきたら出来上がり。

多少ゆるい仕上げになっても、冷めたら適度なゆるさになります。

(前の晩にイチゴをグラニュー糖にまぶしておいて、翌日、水無しで煮た場合は、もっと濃度の濃いジャムが出来上がりますよ。)

今日は、近所のパン屋でパンを買ってきまして早速、食べてみました。

美味しいものを食べると幸せな気持ちになりますね。ヨーグルトと食べても美味しいですよ。

2月 22

スーパーへ買い物へ行った帰りにたまたま和菓子屋さんの前を通りかかったところ「道明寺」の文字が目に入ってきました。

食いしん坊の私は、「もうこの時期か~。今年初めての道明寺~」なんてちょっと浮かれ気分で早速購入。桜餅は、主に2種類のタイプがありますが、私は、断然 道明寺派。桜の葉の塩漬けと餅とあんこの食べ合わせいいですよね。

和菓子といえば緑茶。最近、我が家で流行りそうな気配なのが「深蒸し茶」。というのも先月、NHKの「ためしてガッテン」見てましたら、緑茶の特集をしてたのです。要は、緑茶は、健康に良いという事、その中でも深蒸し茶は、効能が沢山あるという事なんですが、我が家もその効能にあやかろうと早速、購入。深蒸し茶を飲んだことの無かった私ですが、飲み始めるとなかなか美味しい!しかも健康にいい!という事で毎日心がけて飲んでます。

今日の夕飯後のデザートは、桜餅と深蒸し茶。 ちょっと早めの春気分を味わいたいと思います。

<深蒸し茶>

普通の緑茶よりも、濃いお茶。渋みを和らげるために蒸し時間を通常の倍にして作られているそうです。蒸し時間が長いことで、お茶には本来は溶け出さない栄養成分、βカロテン・ビタミンE・ クロロフィルまで含まれるようになるそうです。

2月 20

2月も中旬を過ぎ、あっという間に時間だけが過ぎていく今日この頃。1~3月というのは、とにかくあっという間な感じがするのは、私だけでしょうか?そんな中、平日の朝ごはん、ちょっと頭を痛めている今日この頃の私。朝は、忙しい。だけどなるべく自分のリクエストに応えたい。(ただの食いしん坊の我がままですよね。(苦笑))

我が家の朝ごはんは、私はパン党。旦那さんは、どちらかというとご飯党という二人ですので平日は、各々好きなものを食べるシステムになっています。ただ二人とも朝ごはんは、必ず食べる主義。

前日の夜に明日の朝は、あれ食べようかな~と思っていても、実際、翌朝にあるといややっぱりちょっと甘めのものが食べたくなる。そう、私の場合、ちょっと甘い、だけどものすごく甘過ぎないものが意外と好みみたいなんです。そんな中、先日久々にナチュラル食品のお店「F&F」へ仕事帰りに立ち寄ってみると『玄米パン』を発見。「よし、たまには、これにしてみるか!」と早速購入。

翌朝、10分程度蒸して頂いた次第です。はっきり言ってもっちり、ふかふか”素朴なぱん”という言葉がぴったり合うパンだと思います。このタイプでヨモギパン、あんこ入りの玄米パンなどもありますよ。

朝ごはんのバリエーションを増やしたいのですが、なかなか朝の忙しい時間に手早く簡単に食べるというのは意外と制約がありますよね。

もう少しゆったりと食べれれば、、、と思うのですが。。なかなかうまくいかないものですね。悩みは、つきません。。

2月 14

バレンタインデー前日の日曜日、チョコレートを買いに二子玉川 高島屋さんへ行ってきました。実は、最近我が家で食後にコーヒーとチョコレートをちょっと食べるというのが、昨年末位から流行り始めまして、輸入もののチョコレートを取り扱っているお店に行っては、買ってみて色んなチョコレートを試食してみるというのが一日の楽しみになりつつあります。今まであまり、一生懸命バレンタインデー前にチョコレートを買いに行った事が無い私。今回、初めて皆さん必死に美味しいチョコレートを買うべくエネルギーを注いでいる事を、知った次第です。

まずは、地下の食料品売り場に行って、特設会場へ直行。手始めに売り場を一周してみると、色々試食も出来て「うむうむ。これは、楽しい!」と上機嫌な私。

2周め。実際にどれを買うのか決めるべく悩み始めます。売り場の方も2周めとなると「さっきも来たお客さん」という事もわかってちょっとさっきよりは、親切でない感じ。。そんな中ベルギーチョコでパッケージも可愛いお店を発見!「よし、ここで購入しよう!」と意気込んでお店のお姉さんに「これ下さい」とお願いすると。。

「そちらは、既に完売しております。」とさらっと回答を頂く。よくよくプライス表示のところを見るとあれもこれも”完売”の文字ばかり。この時やっと知りましたよ。バレンタインのチョコを甘く見ては、いけないんだと。。。(苦笑)

よ~く各お店を見てみると、バレンタイン前にだけ出展する珍しいお店等は、完売してるものばかり。

結局、普段でもお店に行ったら買える「ピエールマルコリーニ」のチョコレートにしました。(少しでも美味しく、しかも色んな味が楽しめるものを、と選びました。(食いしん坊の意地ですかね。(苦笑))

いったい誰の為のチョコレート?そう、旦那さんにあげる為のチョコレートなのですが、実際は私が食べたいチョコレート。(すみません。。)

まだ1個も食べていないのですが、食後のコーヒーのお供に旦那さんと楽しく頂きたいと思います。

2月 05

毎日頭を悩まされるお弁当。「そんなに大変だったら止めたらいいのに。。」と旦那さんに言われるのですが、朝の忙しい時間に作るのは、大変なのだけど、週に4日くらい作っています。家族(家族といっても旦那さんと私だけなんですけどね。)の健康面の事は、もちろんの事なのだけど、それ以上にお弁当を食べると外にいながら家にいるようなホッとした感があって捨てられない。しかも経済的。

というわけで出来るだけお弁当を作るようにしているのです。

1月31日(mon)

今日は、月曜日なのでお弁当のおかずもやや気張った感じになります。先日、TV番組「男子ご飯」でやっていたタラ丼を昨日作ったのでそれをおかずに。あとは、卯の花を先週煮たのでそれと、ほうれん草のお浸し、プチトマト、ゆで卵。

ゆで卵をギザギザにカットする時ってちょっと良く見せたいという私の”気張り”です。(笑)

2/1(tue)

今夜の夕飯用に作ったうま煮とこの間作ったシュウマイを冷凍にしておいたので

それと、チーズ入りスクランブルエッグとモロッコインゲンとコーンのソテー。

基本的に夕飯のおかずとお弁当のおかずは、併用して作ってます。あと卵料理は、1品入れますね。

2/2(wed)

目玉焼きのせドライカレーと牛蒡サラダとフルーツ。

そう、週の中になってくると段々簡単弁当になっていく。このドライカレーも先日、男子ご飯でやっていたので作ってみました。(かなり”男子ご飯”には、お世話になっています。m(-  -)m) このドライカレー、ちょっとアレンジをしてレンズ豆も入れてみたりしたのですが、結構美味しかったですよ。

2/3(thu)

週の後半に差しかかると段々疲れも溜まって、煮込み料理に走る私。

今日のお弁当は、おでんとおにぎりにフルーツ。

つまり今夜の夕食は、おでんという事です。実は、私は昔、おでんが大嫌いだったんです。というのも全体的に茶色でおでんとご飯だけで食べるって?ご飯、味噌汁、おかずのパターンに比べて色の変化も乏しくしかも味も一辺倒。ちょっと損した感じがして何とも好きじゃなかったんです。ところが、近頃では、このおでんのありがたみに触れてからというもの我が家の食卓にも”おでん”がのぼるようになったんです。(変な話なのですが、、、(苦笑))

私のポリシーとしてお弁当には、なるべく「赤、黄色、グリーン」のカラーが入っているメニューにします。美味しいだけでなく、色の変化も欲しいので。

東京ガスのCMで(土曜日の午前中に流れるのですが(TV朝日かな?))お弁当のCMを見たことがありますか?私は、このCMを見る度に心の中で「そうそう、お弁当って作る人の思いとかもはいってるのよね~」とついつい思ってしまいます。

家族が多くて育ち盛りのお子さんがいらっしゃる方などは、本当に大変だと思います。それでも作るのってやはり家族への労わりがあるからこそ。

また来週もお弁当、作ります。

1月 30

「ガレット(galette)」、って私にとって何故だか定期的に食べたくなる食べ物なんです。今回は、家で作ってみました。過去に何回か家で作ってみたのですが、なかなか外で食べるようなものにならないのですが、めげずに修行中の私です。

<材料>

<ガレット生地>6~7枚分    <ガレットの具① >3~4枚分    <ガレットの具②>3枚分

そば粉      100g       エメンタルチーズ   1/2個分   チョコレート   1/2枚分位

塩        小さじ1/2      ハム          2~3枚    牛乳      適宜

卵          1個       プチトマト        6個位     ラムダーク     適宜

牛乳        1カップ      しめじ         1パック

溶かしバター    10g

<ガレット生地の作り方>

1.粉類を合わせてボウルにふるい入れ、よく溶いた卵を入れる。

2.泡立て器で混ぜ、粉っぽさが無くなってきたら牛乳を少しずつ入れる。

3.バターを電子レンジで溶かし、生地に混ぜる。

*半日以上、冷蔵庫で寝かす。

<ガレットの具①を作る>

1.エメンタールチーズをすりおろす。(*グリュイエールチーズでもOK)

2.しめじは、ソテーして塩、コショウで味をつける。プチトマト、ハムは、お好みにカットする。

3.フライパンを暖め、ガレット生地を入れ両面焼く。具を写真のようにのせ、チーズが溶けたら周囲を折りたたんで皿に盛る。

<ガレットの具②を作る>

<チョコクリーム>

1.チョコレートを適当の大きさにカットして鍋に入れ、牛乳を入れて暖める。チョコレートが完全に溶けたところでラムダークを少々(お好みの量)入れる。

2.ガレット生地を焼いて、4つ折りにして皿にのせてチョコクリームを適当にかける。

手作りリンゴジャムがあったので一緒に食べましたら、絶妙に美味しかったですよ。

毎回、作り終えると「ガレットの生地をもう少しこんがりと焼いた方が美味しかったな~」と反省するのですが、次焼く時には、すっかり忘れてまた同じ失敗をしてる感じです。あと、外で食べるより家で作る生地は、厚さが厚いので、ちょっともったりした感じに仕上がってしまうのですよね~。難しい。。

いつか、本場のフランス ブルターニュへ行ってガレットを食べてみたいですね。いつかきっと。夢は、広がります。


1月 21

ヴィーガンフードの(*ヴィーガン=Veg(etari)an(ベジタリアンの略))お店「カフェエイト」へ目黒川沿いを散歩がてら、食いしん坊仲間の友人と行って来ました。なかなか”ヴィーガン”という言葉から連想するものは、野菜を中心とした”the ヘルシー料理”という感じですが、いやいや実際食べてみると食べ物への広がりを感じさせるものばかりでした。

今日、私が頂いたのは、フムスのサンドイッチプレート。一口食べてみて「あれ?これなんだ?」とまず頭の中に?マーク。事前にひよこ豆を調理したものとお店の方から聞いていたのですが、いざ食べてみるとなかなか食べ応えのあるものでした。サンドイッチのパンも生地がしっかりしていて具とのマッチングが良かったです。

家に帰ってフムスについて調べてみると…フムス(hummus)=茹でたひよこ豆ににんにく、練りゴマ、オリーブオイル、レモン汁などを加えてすりつぶし、塩で調理したペースト状の料理。との事。(ウィキペディアより。)今度、我が家にも取り入れたいものです。

友人が食べたのは、バジタブルカレー。スパイスが効いていて玄米とマッチしてました。

せっかく来たのだからと、食いしん坊な私達は、デザートもオーダー。リンゴのケーキとバナナパンプディング。

食後のデザートとしては、欲張りすぎたかな?という感じですが、美味しかったですよ。ケーキに添えられたクリームがまたもや?マーク。美味しかったので何で出来てるか知りたかったですね。

食べ終わってみて。とにかくお腹いっぱいになりました。(デザートまで食べてしまったからですけど。。(苦笑))ただ、一つ一つ色々工夫されていて食べていて楽しかったです。毎日ヴィーガンフードというのは、まだまだ私には無理ですが、日常に少し取り入れるだけで健康的であり且つ楽しいですよね。今度我が家でも何か作ってみようと思います。

食後、目黒川沿いを歩いていたら、ワンチャンが。今日は、お天気がいいからお昼寝したくなりますよね~。(笑)

1月 10

お正月明けというのは、どうも洋食が恋しくなる時期。

たまには、人様に作って頂いたご飯が食べたくなる。

どうせ食べるなら美味しいものが食べたい。(食いしん坊なので(笑))

旦那さんにねだってみる。

という訳で、人形町にあります老舗洋食屋さん「芳味亭」へ行ってきました。夕方に人形町に到着。まだこの辺りは、お正月の飾りつけが残ってましたよ。

早速、「芳味亭」へ。店内に入るとぷ~んと何とも言えない美味しいそうな匂いが。。たまりませんね。

2階の和室に通されて、メニューを頂く。グリーンのテーブルがこの純和室にしっくり合っていて、粋な昭和なイメージ。席に座るとホッと落ち着くのは、何でなのでしょうね。

食い意地がはっている私は、色々食べたいので”洋食弁当”をオーダー。旦那さんの方は、野菜サラダとこちらの人気メニュービーフスチュー(写真一番上)をオーダー。(*こちらでは、ビーフシチューの事を”ビーフスチュー”といいます。)初めて野菜サラダを頂いたのですが、生野菜にケチャップがかかっていて意外と合ってました。(一瞬、ハンバーガーを食べる気分になりましたよ。)

ビーフスチューは、お肉は、とろっとろでちょっと甘めなデミグラソースが効いていて、さすが店の看板メニューという感じ。洋食弁当の中に入っていたコロッケは、口の中でとろける~という感じで”うまい!”の一言ですね。洋食弁当の中にも入っていたポテトサラダは、どことなく懐かしい味。こういったおかずに、白いお米はピッタリですね。とにかくこちらの食べ物は、「昭和の懐かしい味がする。」という印象。

この店は、昔、社会人なり立ての頃に先輩に連れて来てもらった店なのですが、それ以来、この味が恋しくなると訪れるという具合。今思えば、その当時に色々美味しいお店を先輩に紹介された事は、私にとって貴重な体験だったように思います。

芳味亭さんは、昭和8年に創業。(第二次世界大戦前に創業という事ですね。)お店の方がおっしゃっていたのですが、「空襲でこの付近まで焼け野原になったのに、このお店は、なんとか焼けずにすんだんですよ」との事。創業当時は、きっと”ハイカラ”な食べ物だった事でしょう。今もその伝統の味を支え続けているという事は、すばらしい事ですよね。日本の洋食は、西洋料理から習ったものですが、やはりどこか違いますよね。洋食屋さんのご飯は、家庭料理の延長線上にあるけれど、どこか一線を画すところがある。それが伝統の技であり、プロの技。やはりプロの味は、手間隙がかかっていてすごいですね。

こちらの店は、敷居も高くなく気軽に行けるお店なのでまた恋しくなったら行こうと思います。

1月 07

1月7日=七草粥。物心ついた頃から朝起きると「今日は、七草粥よー。食べなさいよー。」という半分脅迫のような母の言葉で起きるというのが実家での慣わし?でした。その癖が染み付いているのか、7日に七草粥を食べる事は、私の中では必須。結婚後は、もちろん自分で作っているのですが、母から教わった事が一つあってそれは、七草粥の中にお餅を1~2個分細かく切って入れて一緒に煮るという事。理由は、わかりませんが(多分大した理由ではないとは思いますが。。)未だにそれに習っている私です。

餅を入れるとお粥の所々でもちもち触感があって意外といけるのですよ。

今年も一年、健康でありますように!

1月 01

2011年もスタート!今年は、あれをやりたい!これもやりたい!なんて意気込まず、マイペースでやっていけたらと思っております。

朝、起きてまずは、お雑煮を作成。のんびりおせち料理を食べながら恒例のニューイヤー駅伝を観戦。

だんなさんの実家へ新年のご挨拶に行くついでに根津神社へお参り。毎年ここで30~1時間弱、参拝に並ぶはめになります。(今年は、30~40分位でした。(苦笑))

毎年、この根津神社に出展している屋台を見ながら、食べようかどうか悩むのですが、夕飯にご馳走を頂くのだからとここはぐっ~と我慢。。

我慢したおかげで夕飯のご馳走を堪能する事が出来ました。(ご馳走様でした。)

そんなこんなであっという間に元旦って過ぎていってしまいますね。そんなのんびり感、幸せですね。

preload preload preload